竹谷の仕事。

小学校でのプログラミング教育の普及に取り組んでいます。

進捗状況付きToDoリスト

 大きなタスクを片付けていくには、細かい作業に分解して一つ一つこなしていくのがよいようですが、中には細かく分けられないタスクも存在します。そうなるとなかなか取りかかるのがおっくうで、ついつい後回しにしてしまいがちです。物事を終わらせるためにはとにかく始めなければならないのに(始めてしまえばそのあとはけっこう動いていくものです。)、その意欲がわきにくいのです。ToDoリストで管理していると、完了したものは消して達成感を得ることができますが、取りかかって時間のかかっているものはなかなか消えずにストレスを感じることもあります。
 そんな問題を解消できそうなものを見つけました。ToDoリストにプログレスバーを付けるのです。プログレスバーというのは、たとえば大きなファイルをダウンロードするとき、画面にどれぐらい進んだかを表す棒グラフのようなものが表示されますよね。あれのことです。↓にA4にプリントアウトできるテンプレートがあります。
ライフハック テンプレート:#001 プログレスバー付ToDoリスト - ITmedia Biz.ID
 タスクのすべてについてプログレスバーを記入しなくてはならないわけではなく、大きなタスクで進み具合が実感できにくいときに利用すればよいのです。このテンプレートを使わなくても、手帳のToDoリストでも同様のことをやることができます。自作のリフィルを作るのも手ですが、タスクの横に□をいくつか書いておいて、進捗状況に合わせて塗りつぶしていくだけでよいのです。たとえば□□□□のように4つ書いておけば、4分の1ぐらい完了したなと思ったときに一マス塗りつぶして■□□□とするといったような感じです。この方法は少し前にどこかのページに書かれていて、記憶を頼りに検索してみたのですが見つけられませんでした。どなたか元記事をご存じの方がおられましたら教えてください。