竹谷の仕事。

小学校でのプログラミング教育の普及に取り組んでいます。

運動会の練習用音楽編集に - 聞々ハヤえもん

 4月も下旬に近づき、そろそろ運動会の表現種目などを考えている先生方も多いのではないでしょうか。表現で音楽を使うとき、慣れないうちはゆっくりめのテンポで、慣れてきたらテンポアップすることができたら便利ですね。再生速度を変えると、音程も変わってしまうのが普通ですが、音程を変えずに再生速度を変えたり、逆に再生速度を変えずに半音単位で音程を変えられたり、おまけにいろいろな形式でのファイル出力もできるというフリーソフトがありました。
聞々ハヤえもん公式サイト/MP3プレイヤー フリーソフト
マニュアルより引用:

 聞々ハヤえもんは、再生速度・再生周波数・音程を自由に変更できるMP3プレーヤとして公開中のフリーソフトです。
 WAVE, MP3, Ogg Vorbis, WMA などの読み込みに対応しており、再生速度・再生周波数・音程のそれぞれ独立した変更が可能なMP3プレーヤです。

 ソフトのインストールはダウンロードしたファイルを解凍するだけです。レジストリは使用していません。このソフトを使って、再生速度を変えてみた例が以下の2つの mp3 ファイルです。
遅い例 原曲の80%
速い例 原曲の120%
原曲は以下のサイトからダウンロードさせていただきました。ありがとうございました。
SHWフリー音楽素材

 ただ、ちょっとはまったのが、 mp3 ファイルの書き出しです。保存しようとすると、「MP3形式の保存にはLAME.EXEが必要です。Hayaemon.exeと同じディレクトリにLAME.EXEを置いて下さい。」というメッセージが表示されたので、 LAME.EXE のありかを捜すのに手間取りました。結局↓のリンクから「LAME 3.98.2」というバージョンのものをダウンロード・解凍して入れたところ、うまく行きました。
http://www.rarewares.org/mp3-lame-bundle.php
 手軽に使えて、多彩な加工ができるので、運動会の練習以外にも、語学学習などさまざまな用途がありそうです。