竹谷の仕事。

小学校でのプログラミング教育の普及に取り組んでいます。

研修の講師をしました(その1)

 狛江市の情報教育研修会で、「Excelによる成績処理」を担当しました。参加者は12名ほどで、小中の先生方半々という感じでした。内容としては入力の手間を省く方法、簡単な関数の利用などが中心です。どうやって進めようか情報を探るうちに、ぴったりのページが見つかりました。
 一つは、Excel(エクセル)入門編:成績処理表の作成練習:目次というページです。これをネット上で見てもらいながら進めていけばいいと最初は考えました。しかし、参加された先生方にとって、ExcelとIEの両方のウィンドウを切り替えて研修を進めていくのは難しいことかもしれません。
 そこで、さらにWeb上の情報を見ていくと、愛媛県総合教育センターで作られた研修資料がPDFで公開されているのを見つけました。「校務で使おう表計算基礎」(PDF:2.09MB)という資料です。とてもわかりやすい記述で、しっかりと必要な操作がまとめられています。すぐに電話をかけて使用を許可していただくようお願いしたところ、快く認めてくださいました。
 おかげで当日はスムーズに進行することができ、ある程度Excelを使ってきた先生にも「こんなに便利なやり方があるんだ!」と感心していただけました。もちろん、愛媛県総合教育センターで作成されたテキストであることを明らかにした上で、感謝の気持ちを忘れずに使わせていただきました。
 考えてみると、日本全国では教員向けのさまざまな研修テキストが作られていることでしょう。公開して問題のないものがたくさんあるはずですので、このようにWeb上に公開していただき、広く使わせていただけるものが増えるといいなあと思いました。