竹谷の仕事。

小学校でのプログラミング教育の普及に取り組んでいます。

クラウドサービス(2) Dropbox

 なくてはならないクラウドサービスの2番目はDropbox。オンラインストレージサービスだ。これを使うようになってからUSBメモリーはほとんど使わなくなってしまった。Dropboxの利点は以下の6点。

  • いくつPCがあってもクライアントソフトをインストールしておけば,Dropboxフォルダに入れるだけでどのPCからも同じようにファイルを扱うことができる。
  • WindowsでもLinuxでもMacでも,そしてiPhoneでもAndroidでもファイルにアクセスできる。
  • PCが故障してファイルが読み出せなくなっても,ネット上にデータが保存されている。他にDropboxをインストールしたPCがあれば,そこから読み出すこともできる。
  • PCを買い換えてもDropboxをインストールしさえすればデータの移行を自動的にやってくれる。
  • ファイルの変更履歴が保存されているので,上書き保存してしまったファイルでも前の状態に戻すことができる。削除してしまった場合でも復旧できる。
  • ファイルをネット上に公開することができるので,個別ファイルのURLを知らせればDropboxを使っていない人ともファイルを共有することができる。

 まだお使いでない方は,↓のリンクから利用登録をしていただくと,あなたも私も250MBのボーナス容量がもらえるのでぜひ。(笑)
http://db.tt/uUbAAviA
 ネット上のストレージサービスは昔からあった。一太郎の購入特典でジャストシステムのインターネットディスクを何年か使っていたけれど,使い勝手があまりよくなかった上に容量が少なく,ちょっとした同期操作ミスでファイルをなくしてしまったこともあってあまり便利だとは思えなかった。しかしDropboxは無料で最初から容量が2GB用意されていて,クライアントソフトをインストールすれば普通にファイルを保存したり変更したりするだけで自動的に同期が行われるので特別に意識しなくてもいいので,すぐになじむことができた。
 正式公開になってからわりとすぐ使い始めたので,かれこれ3年使い続けていることになる。その間にオンラインストレージはいろいろなものが出てきた。有名なところではSugarSync,SkyDriveといった感じだろうか。最近,InsyncというGoogleドキュメントと連携したサービスが出てきて気になっているのだけれど,Dropboxに何も不満がないので現時点では乗り換えるつもりはない。今後さらに他のものと組み合わせて便利に使っていきたい。