竹谷の仕事。

小学校でのプログラミング教育の普及に取り組んでいます。

ジャンボシャボン玉

 理科実験クラブでジャンボシャボン玉を作りました。作り方はこちら→「 ジャンボシャボン玉」を参考にして、洗剤1:洗濯糊4:水8の割合でシャボン液を作りました。針金で輪を作り、液に浸して膜を作ってから割れないようにふわっと…

ぶれてしまっていますが、こんな感じで最後に空気を包み込むつもりでくるっとひねると…

ビーチボールよりも大きなシャボン玉ができます。

最後の方はシャボン液に砂などが混じってしまったり、泡立ってしまったりしたためか、できた膜の寿命が短くなってしまいました。液の入れ物などを工夫する必要を感じました。でも、子ども達は活動を楽しむことができたようです。